カナダ高校留学:森の街、学生の街、安全な街、ロンドン市の高校で留学生活

※【高校留学に必須のカストーディアン、承ります】学校所在地と同じロンドン市にエージェントが在住で安心です。※

カナダ留学のお問い合わせで『カナダに高校留学をしたいのですが、どこが良いですか。』『カストーディアンシップ(後見人)をお願いできますか?』というご相談をいただいています。18歳未満の留学生は、カストーディアンシップが必要になりますが、カストーディアンシップを承っておりますので、お問い合わせください。

カナダ高校留学は、公立ハイスクール?私立ハイスクール?

ロンドン市をふくめカナダの高校は日本と同じように、公立高校と私立高校があります。どちらにもメリット、デメリットがありますので、留学生の方の性格、経済面、希望する環境等を考慮して決める必要があります。

カナダの公立高校

  • 地元の学生が通う高校なので、地元の子と同じ学校生活が体験できる
  • 大人数の学校が多いので生徒一人一人をサポートするような体制はない
  • 私立に比べて費用が安い
  • 学校までの距離によってはスクールバスが利用出来る

教育委員会について、公立ハイスクール

カナダの高校は各教育委員会に属しています。カナダ/オンタリオ州ロンドン市内には「Thames Valley District School Board テムズバレー教育委員会」があり、留学生を受け入れています。ほとんどの学校にESL(英語コース)がありますが、英語力によっては登校できる学校が限られてきます。

ロンドン市内には、カトリック系の「London District Catholic School Board ロンドン学区カトリック教育委員会」もあり、留学生も受け入れています。
ロンドン市のカトリック教育委員会の小中学校には、カトリック系ファミリーの子どもしか入学出来ないことになっています。カトリックの洗礼を受けた子どもたちだけ、ということですね。ですが、ハイスクールについては、カトリック以外の生徒たち以外にも入学可能なんですね。
(娘の友だちにもイスラム教徒の娘さんがいますが、カトリック系ハイスクールに通っています。学校ではキリスト教の活動時間があるそうですが、イスラム教徒の子女は、活動を免除されているそうです。)

カナダの私立高校

  • 少人数の学校が多く、学生一人一人をサポートするような体制がある
  • 留学生に対するケアなども行き届いている場合が多い。生徒の様子を、保護者にメールなどで知らせてくれるところもある
  • 公立に比べて費用が高い

カナダ/オンタリオ州ロンドン市内私立高校

Blyth Academy London campus ブライス・アカデミー・ロンドン校

カナダの高校留学情報

留学生受入れ可能年齢 幼稚園から高校3年生
留学可能期間 1年間(実質10ヶ月)/1学期(5ヶ月)
授業言語 英語
入学可能時期 9月/2月
願書締め切り 随時受付

カナダのロンドン市には、以下の学校があります

学校名 テムズバレー学区教育委員会
Thames Valley District School Board
カソリック学区教育委員会
London District Catholic School Board
ブライスアカデミー
Blyth Academy

運営形態 公立高校プログラム 公立(カソリック系)高校プログラム 私立高校

ウェブサイト(英語) TVDSB – Thames Valley District School Board LDCSB – London District Catholic School Board Blyth Academy

所在地 1250 Dundas St, London, ON N5W 5P2 5200 Wellington Rd S, London, ON N6E 3X8 441 Ridout St N, London, ON N6A 2P6

ハイスクール
(ESLクラス)

テムズバレー教育委員会のESLのレベルはABCDEと設定しています。
ロンドン到着後、ESLレベル分けテストを受けていただくことになります。
・London Central 生徒数1038名(ESL無)
・Oakridge 生徒数1018名
・A B Lucas 生徒数1412名
Sir Frederick Banting 生徒数1328名
Westminster 生徒数580名-ESLレベルABCDE
・London South 生徒数691名(ESL無)
・Sir Wilfrid Laurier 生徒数1114名
・Saunders 生徒数1543名
H B Beal 生徒数1824名-ESLレベルABCDE
Montcalm 生徒数737名-ESLレベルABCDE
・Clarke Road 生徒数1167名(ESL無)
・St Thomas Aquinas
Mother Teresa(ESLあり)
・St. Andre Bessette
・Catholic Central(ESLあり)
・John Paul II
・Regina Mundi
・Blyth Academy London
(ブライスアカデミーロンドン校)
その他のキャンパス所在地:
 ・Yorkville
 ・Thornhill
 ・Mississauga
 ・Etobicoke
 ・Waterloo
 ・Downsview Park
 ・Lawrence Park
 ・Burlington
 ・Ottawa
 ・Whitby

留学の費用 2019年―20年の授業料
※予告なく変更されることがあります。
【ハイスクール9年生―12年生】
1年間の場合
・申請料:$250
・授業料:$14250
・ホームステイ料/カストーディアン費:$11685
・医療保険料:$450
半年間の場合
・申請料:$250
・授業料:$7,125
・ホームステイ料/カストーディアン費:$6560
・医療保険料:$245
【小中学校 キンダーー8年生】
1年間の場合
・申請料:$250
・授業料:$13200
・ホームステイ料/カストーディアン費:$11685
・医療保険料:$450
半年間の場合
・申請料:$250
・授業料:ー未発表ー
・ホームステイ料/カストーディアン費:$6560
・医療保険料:$245
※18歳未満の留学生は、カストーディアンシップが必要になります。
カストーディアンシップを承っておりますので、
お問い合わせください。
弊社のカストーディアンサービスをご利用の場合は、
教育委員会へのカストーディアン費の支払いは免除されます。

・申請料: $350
・授業料:$14250
・ホームステイ&カストーディアン費:
・医療保険料:
・申請料:$250
・授業料:$20795
・London Knights ホッケーアカデミー:$23000
 (含まれるもの:授業料、ホッケートレーニング代)

学校ご案内 テムズバレー教育委員会ご案内 ブライスアカデミーご案内
少人数制で、一人ひとりに、先生の目が行き届きます。
アイスホッケー練習と学業が両立できるプログラム有り。

無料相談・お問い合わせ

LINEやメールでカナダ留学に関する質問や相談を受け付けています。
どこに留学すればいいのかわからない、英語力が心配、現地の生の声を聞きたい、治安は大丈夫なの?など
様々なご質問をいただいています。在カナダ15年以上の松下がお返事いたします。

Friends Added

お名前

メールアドレス

お問い合わせの内容