サービス

TESOL カナダで英語教授法の資格を取得する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TESOLは英語が母国語ではない人々に向けた英語を教えるための資格です。

TESOLは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略で、英語が母国語ではない人へ英語を教える英語教授法に関する資格です。TESOLはさまざまな認定機関に学習コースが用意されており、世界中で広く認知されていて、英語を教える上での国際資格のひとつといえます。

日本では小学校で英語の授業がはじまるなど、英語教育の改革が始まっていて、TESOLへの注目度が年々高まっています。また、民間の英会話スクールなどでも、TESOL取得を条件にしているところもあり、日本での認知度も高く、それに伴い取得を目指す方も増えています。

<TESOLで学習する内容>
・話し方、聞き取り方、書き方の教授法
・プレゼンテーション方法
・評価の方法
・発音の教授法
・文法の教授法
・第二言語習得理論
・教材の選び方
・生徒に積極的に授業に参加してもらう方法

<こんな方におすすめ>
・すでに英語の先生をされている方
・これから英語の先生になりたい方
・生徒が自発的に参加するような生徒中心の授業を実現したい方

TESOLを取得するために留学されているAkira.Tさんにお話を伺いました。

TESOLのコースは、チャンスがあるなら是非様々な方にトライしてもらいたいです。

今後、日本でも新学習指導要領で求められている英語指導にいかすことができるものがたくさん習得できますし、また、自分の語学力を上げるのにも非常によいマテリアルになると思います。

受講方法ですが

1.講座を受けている機関(学校)名、コース案内

TESOLは基本的に4つの分野(Certificate / Diplomat / Postgraduate / Master)に分かれています。
Certificate / Diplomaまでは、日本でも最近は大学院で取らせるところがあるようですが、現地のカレッジや大学、そして「語学学校」でも取得可能で、この資格を持っているとカナダの語学学校で教師として働けます。Diplomatまでとれればかなり大きな資格となるようです。

何よりも、大学院で1年、2年をかけて取得できる資格が、カナダで受講すれば短期集中でCertificateは約5週間。Diplomaは4~5か月で修了するところが大変魅力です。  

残り二つのPostgraduate / Masterは、カナダの教員大学で取る資格で、最低1年はカナダの学校に通う必要があります。この資格をとると、こちらの公立学校で教えることも可能になります。

2.受講内容(オンライン授業の受講方法、1日・1週間の受講数、必要総受講数・日数など)

受講方法なのですが、Theoreticalな受講かPracticalな受講に分かれ、OnlineはInstructorアドバイスがあるものの完全に、Textを自分で読みレポートを決められた期間に提出しなければならず、かなりTheoreticalな受講方法となります。

一方で、学校に通う場合は、実際教員を目指すカナダ人を含め、いろいろな国からの教員もしくは教員志望の仲間と一緒に授業を受けることになり、いろいろな教授方法を、理論だけでなく、実践的なプログラムも多く含まれており、まさにPracticalな体験が出来ます。

次に、受講方法・受講数・求められる出席率ですが、私がCertificateを取得するため通った学校では、まず最初の4週間(月から金13:00-18:00 出席率は90%以上が必須)は、英語の指導方法を4技能はもちろん、発音指導、テストの作り方、評価方法に至るまで様々な角度から勉強しました。語学学校といっても、このコースはカナダ人も受講するコースですので当たり前なのですが、担当講師の教える英語が早いし、使われている英単語があまりにもspecificなものであったので、最初の1週間は本当に座っているだけという感じでした。

しかし、中国から来られた現役の高校の先生達と放課後に予習や復習をしたりとにかく遅れまいと必死について行きました。後半の2週間は、テストが2回、受講生の仲間達の前で10分間の模擬授業が10回、レポート提出が2日に1回と、寝る時間を確保するのが難しいくらい大変でした(笑)。4週間の学習が終了し、出席率・提出物・模擬授業・2回のテストが全て得点化され70%以上の得点があれば、いよいよ最後に、その学校の留学生達の前で20h分の授業を行うことになります。

この模擬授業では、1クラス1日にある5時間分のの授業を全て受け持つこととなり、どのレベルの授業を教えるかは講師によって指名され人ぞれぞれです。私はUpper Intermediateのクラスの担当となりました。授業のために倍の時間をかけ準備をして臨みましたが、英語を英語だけで5時間教えることの難しさと言えば想像を遙かに超え、正直、自分の教授力のなさに失望することもありましたが、生徒達はみんな暖かく応援してくれなんとか乗り切ることが出来ました。今、思ってもよく終われたなと、思い返すと冷や汗が出ます(笑)

今回無事に終われたのは、講師が熱心に指導してくれたこと、そして一緒に受講した仲間達(カナダ人2人・中国人2人・韓国人1人・日本人2人)は、担当講師が感心するぐらいみんな熱心で、誰一人4週間休むことなく、最後は本当の家族のような叱咤激励しあえる関係になれ、受講終了し2ヶ月がたちますが、今でも定期的にみんなと連絡を取ったり食事に出かけています。

受講を考える方は、全てをオンラインと考るひともいるようですが、私はCertificateの5週間に関しては、直接受講をお勧めします。まず、直接指導をうけ、自分の問題点を講師とタイムリーに話し合う期間がいると考えるからです。

Certificateを取得すれば、次にDiplomatの受講が可能のになります(Diplomatからの受講は不可)。これに関しては、Certificateの2.5倍にあたる計250H分の課題が課されています。私は引き続き、同じ学校で受講することに決めました。Diplomatでは、理論に当たる部分(200h分)はオンラインでの受講となります。

1つの課題に対し、それぞれInstruction sheet(各課題につき4-8ページ)が与えられ、そこで書かれている内容に対し、Task Journal(Report形式。1つの課題に4-10問。1問につき50-200wordsほどで説明)を週に最低3つ提出しなければなりません。それぞれ、Certificateで学習したことを、かなりDeepに突っ込んだもので、1つの課題ごとにだいたい2,3時間。

難しい課題のものは10時間もかかったものもありました。受講期間は4-6ヶ月で、課題は週にいくつでも出していいので、早く終了されたい方は4ヶ月ほどで終わる方もいらっしゃるそうですが、そういう方はほぼ現役のカナダ人の先生らしく、日本人の方では、研修受けながらかなりのスピードで課題を出し続けるのは無理だと思います。

せっかくですので、一つ一つの課題をしっかり吟味し、実際の教育に実践できるよう進めていく方がいいのではないでしょうか。課題が、提出しおわると50時間分の教育実習が待っています。私の場合は来年の二月に教育実習が受けられるように、毎日こつこつとレポートをこなしています。

TESOL取得でおすすめの学校

London Language Institute
ロンドン・ランゲージ・インスティテュート

緑に囲まれた美しい街、カナダ・オンタリオ州ロンドン市の小規模語学学校で本場の英語を勉強しませんか。人口35万人、カナダで10番目に大きく安全な街ロンドン市で、海外生活をエンジョイ! とてもアットホームな雰囲気の中、学生一人一人に先生の目が行き届きます。本校の教師は、すべて「英語が母国語のネイティブ・スピーカー」であり、「指導資格」を持っています。日本人学生は極少数で「なるべく日本人の少ない学校に行きたい人」には穴場です! 英語学習に集中でき、英語力を伸ばすには良い環境です。場所は便利なダウンタウンですが、校舎の周りを緑に囲まれいて静かに学習できます。校舎内は新しく改装されていてとても清潔感でいっぱい、設備も充実しています。

TESOL取得コース

■内容
修了書コース:オンライン学習150時間+20時間の実習
ディプロマコース:オンライン学習150時間+30時間実習

■対象
英語中上級以上の方

資格を持っておきたい
小学校でも英語の授業の改革がある

■学費
修了書コース:1500ドル
ディプロマコース:2500ドル

■日程
修了書コース(11週間)
2018年2月13日~
2018年10月9日~

修了書コース(4週間フルタイム)
2018年1月8日~
2018年5月7日~
2018年7月2日~
2018年9月10日~

ディプロマコース
2018年1月15日~
2018年5月15日~
2018年9月15日~

英語学校なので同じ学校内で実習ができます。

 

ロンドン ランゲージ インスティテュートの詳細

都市名 ロンドン(カナダ、オンタリオ州)
設立年 1993年
所在地 183 Central Ave #101, London, ON N6A 1M6
アクセス ロンドン市のダウンタウンで、学生は市バスで通学
学生数 100名~250名
日本人の割合 5%程度
日本人スタッフ 在籍
クラス数/レベル数 9レベル
1クラスの人数 12名
インターネット 日本語対応PCあり/無料Wi-Fi環境あり
設備 ラウンジ、キッチン、冷蔵庫、電子レンジ、PCルーム、無料Wi-Fi、など
その他 「カナダステイドットコム」は、正規の学校代理店です。入学手続きは「無料」です。学校スタッフ(Manager of Japanese Operations)でもあります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINEでかんたん無料相談


LINEでカナダ留学に関する質問や相談を受け付けています。どこに留学すればいいのかわからない、英語力が心配、現地の生の声を聞きたい、治安は大丈夫なの?など様々なご質問をいただいています。在カナダ15年以上の松下がお返事いたします。

LINEで無料相談する